【マル秘グロースレポート~GroRepo.~】 本当に成長できる会社はここだ!! » 【マル秘レポート3】20代の転職相談事情 » 20代のUターン転職

20代のUターン転職

このページでは、20代の転職における「Uターン」について紹介しています。どのような理由でUターン転職を考えるのか、またUターン転職がおすすめな人の特徴などをまとめました。

Uターン転職をした人の理由

Uターン転職をする場合には、下記のような理由が考えられます。

20代でのUターン転職がおすすめなのはこのような人

20代のUターン転職を考える場合、どのような人におすすめといえるのでしょうか。

収入よりも自分が生活する環境を優先したいと考えている人

たとえば都市部で働いており、地方にUターン転職するとなると年収が下がることが多いでしょう。そのため、年収よりも自分が生活する環境に重きをおきたいと考えている場合には、Uターン転職がおすすめです。

「地元に帰りたいけれど年収も下げたくない」と考えている場合には、Uターン転職をするかどうかはよく考える必要があるといえるでしょう。ただし、家賃など生活にかかるお金は地方の方が安く済むという場合も多いため、年収が下がったとしても生活水準を帰ることなく生活できる場合もありますので、単純に年収が下がるといったことのみに注目するのではなく、トータルで考えることがおすすめです。

地元でやりたい仕事がある人

自分の地元には、明確に携わりたいと思える仕事がある場合にも、Uターン転職に向いている人であるといえます。また、やりたいことが明確ではなくても、自分が生まれ育った地方ならではの仕事に就きたいと考えている人にもUターン転職は向いているといえるでしょう。

Uターン転職をすることを決めて地元に戻ってきたものの、「やりたい仕事が全くなく、転職先が見つからない」といった状況を避けるためにも、あらかじめ自分の地元ではどのような求人情報があるのかをしっかりと調査しておくことがおすすめです。

車での移動が好きな人

これまで都心部に住んで働いていた場合、多くの場合電車での移動に慣れていることでしょう。しかし地域によってはあまり公共交通機関が発達しておらず、車での移動がメインになることもあります。むしろ車が使えないとどこにもいけない、といったケースも。

このような状況の場合、車での移動が苦に感じてしまう場合には日々の生活が辛く感じてしまうかもしれません。毎日運転しているうちに慣れてくるという考え方もありますが、絶対に車を運転したくないと考えている方の場合は、地域によってはUターン転職が向いていない場合もあるといえるでしょう。

20代でUターン転職をするコツ

Uターン転職を実現させようと思うと、実際にはお金・時間が多くかかります。特に自分の地元が遠方の場合には、何度か行き来する必要も出てきますし、引越しをする必要も出てきます。そのため、Uターン転職を失敗しないために押さえておきたいポイントは「なぜUターン転職をしたいのか明確にする」という点です。

Uターン転職をすると、自分を取り巻く環境が何もかも変わります。そのため、転職してから後悔しないためにも、「なぜ自分はUターン転職したいのか」という理由を明確にしておく必要があるといえるでしょう。

たとえば「親に帰ってこいといわれた」「今の仕事が嫌」といった理由では、うまく新しい職場を見つけられない可能性も。自分は地元に帰ってどんな仕事がしたいのか、といったことをしっかりと見つめておくことが大切であるといえます。

バナー
バナー
バナー