【マル秘グロースレポート~GroRepo.~】 本当に成長できる会社はここだ!! » 【マル秘レポート3】20代の転職相談事情 » とにかくお金を稼ぎたいときはどうしたらいい?

とにかくお金を稼ぎたいときはどうしたらいい?

20代でお金を稼ぎたい、という人に向けて、高収入を期待できる仕事をピックアップしてみました。高収入となる内訳や特徴、平均年収について紹介します。

20代で稼げる仕事とは

営業

営業職には「新規開拓営業」と「ルート営業」の2種類があります。「ルート営業」は既存の取引先をまわって新しい仕事をもらってくること、「新規開拓営業」は面識のない会社人へ売り込むこと。稼げるとなるのは、歩合インセンティブが高い「新規開拓営業」になります。

歩合(インセンティブ)は、売上や販売数などによって固定給にプラスされる給与。たとえば固定給20万円、商品を1個売るごとに2万円歩合の場合、1ヶ月で10個商品を売ると、固定給20万円+歩合20万円(1個2万円×10個)=月給40万円となります。1個も売ることができなければ月給20万円です。

会社によっては、「5商品以上売ると歩合対象」や「10商品以上売るとボーナス」といったように歩合ルールがあります。転職する際には確認しておきましょう。

金融

扱う商品がお金で、かつ金額も大きくなるため、基本給は高い特徴があります。とくに外資系金融ならベースの年収が600~900万。加えてインセンティブが発生するため、結果を出せば大きく稼ぐことが可能です。

参照元:エンワールド(https://www.enworld.com/blog/2019/02/income-ranking)

商社

商社で代表的な会社は、三菱商事・伊藤忠商事・三井物産・住友商事・丸紅が挙げられます。年収がもっとも高いのは三菱商事で、2019年のデータによると平均年収は1600万円超。初任給でも月給25万で、1年ごとに年収が100~150万ずつ上がっていくとされています。20代でも年収1000万円は難しくないと言えるかも。

参照元:ダイヤモンドオンライン(https://diamond.jp/articles/-/235095?page=2)

コンサルティング

「その分野の知識や経験があり、顧客の相談に指導や助言を行う専門家」であるコンサルティング。たとえば経営コンサルタントだと、企業の経営上の課題を指摘し、解決への手助けやアドバイスが仕事内容になります。

残業や自宅へ仕事の持ち帰りなども多く激務ですが、そのぶん昇進スピードが早く、入社して数年で年収1000万円超も珍しくありません。業績アップに貢献すると臨時ボーナスが出ることもあるため、結果が評価に繋がることにやりがいを持つ人に向いている業界です。

外資系

外資系企業は徹底的な成果主義で成り立っており、成果を上げられることができたら、高い給与が支払われます。社歴や年齢は関係なし、求められた成果に対してどういった結果をもたらしたのか、が大切。

成果を出せば、年棒を12等分して支給される給与以外に、インセンティブなどが受け取れることも。外資系企業だから高給与なわけではなく、成果を上げられた場合のみ、ということを忘れないようにしましょう。

マスコミ

本社が東京都にあるテレビ局の平均年収は2019年1月の調査で1300万超え。一般企業より高給取りである業界です。ですが平均年齢は42~51歳と、比較的年配が多いよう。売上高から計算すると、社員1人で数億単位の稼ぎを出している結果になりますが、実際にそれだけの仕事をしているわけではなく、社員の下にいる多くの下請けやアルバイトが高くない収入で働いています。

テレビ業界で働きたいという需要があるうちは人材に困ることがないため、上に立つ社員の報酬が、そのぶん多くなるのです。ですが社員の方も質の良いコンテンツ作りをするために勤務時間が不規則だったり肉体的・精神的にもハードだったりと、年収が高い分だけ激務なようです。

参照元:マンパワーグループ(https://www.manpowergroup.jp/column/career/mass-media-salary.html)

20代の平均年収

2018年9月~2019年8月の、dodaエージェントサービスに登録した人の平均年収データによると、20代は345万円です。

上記で紹介した職業はそれより大きな収入を期待できますが、実力主義の会社ではすべてに言えることですが、勤務時間外の勉強や努力は必須、ということは覚悟しておきましょう。

参照元:dodaエージェントサービス(https://doda.jp/guide/heikin/age/)

20代で稼ぐコツは?

IT、商社を経験し27歳で転職エージェント会社を立ち上げたタツミ社長に、アドバイスをいただきます。

タツミ社長のアドバイス
タツミ社長のイメージ
インセンティブがでる営業に

ITベンチャー時代に法人営業をやっていたが、インセンティブがでる。頑張った分だけ報酬として評価されるのが、営業の特徴。スキルがないけど稼ぎたいと思っていたり、未経験でもできる仕事を探しているなら、営業に目を向けてみるのがおすすめだ。

バナー
バナー