【マル秘グロースレポート~GroRepo.~】 本当に成長できる会社はここだ!! » 【マル秘レポート3】20代の転職相談事情 » 転職先が決まらない20代の特徴

転職先が決まらない20代の特徴

なかなか仕事が決まらない20代の特徴とは

転職活動は一般的に3ヶ月程度とされています。しかし、それ以上の期間転職活動をしているのに全く新しい職場が決まらないといったケースも。長期間仕事が決まらない人は、下記のような特徴があると考えられます。

自己分析を十分に行っていない

転職活動を行うにあたり、自己分析を十分に行っていない場合には、自分の強みをしっかりとアピールすることができないために次の仕事が決まりにくいといえるでしょう。

しっかりと自己分析できている場合には、どんなことができ、何がやりたいのかを明確に伝えることができます。しかし曖昧な自己分析しかしていない場合には、一体何ができる人なのかがわからず、最悪の場合仕事ができない人、という印象を与えてしまうことがあります。

企業研究をあまり行っていない

転職活動、特に面接の前には企業研究は大切なポイントとなります。企業研究を行うとどのような事業を行っている会社なのかという点に加えて、企業側はどのような人材を得たいと考えているのかという点がはっきりとしてきます。

面接時に企業研究をしっかりと行っていることが伝わることによって、いかにその企業に入社したいと考えているかといったことを面接官にアピールすることができます。転職活動は忙しいということもありますが、企業研究はしっかりと行う必要があるといえるでしょう。

社会人としてのマナーが身についていない

社会人として基本的なマナーが身についていない場合にも、仕事がなかなか決まらない傾向があるといえるでしょう。たとえば正しい敬語が使えない、身だしなみに清潔感がない、扉を雑に開け閉めするといった点が見られると印象があまりよくありません。また、マナーが身についていないと他の人から信頼を得ることも難しいと考えるべきでしょう。

営業職など人と接することが多い職種の場合は特に重視されるポイントとなっています。

なかなか仕事が決まらない20代の傾向

なかなか仕事が決まらない20代の方には、下記のような傾向が見られる場合があります。

多数の転職サイトに登録している

転職活動を行う上では、できる限り多くの求人に応募しようと考えて転職サイトにたくさん登録するというケースが見受けられます。転職活動を行う上では、応募数だけを増やしてもあまり意味がない場合もあります。そのため、応募に時間をかけるよりも、エントリーする1社1社に対しての質を高める方に時間を費やしましょう。

ハローワークの情報しか見ていない

もちろんハローワークを利用することによってすぐに仕事が決まることもありますが、可能であれば他の転職支援サービスを利用するのがおすすめです。

転職サイトなどを活用することによって、より幅広い情報の中から厳選して応募することができるようになりますので、もしハローワークしか使っておらずなかなか転職先が決まらないといった場合には、他のサービスの利用も検討してみてください。

長い期間転職先が決まらないリスクとは?

長期的に仕事が決まらないと、様々なリスクが発生します。

まず、長期間空白がある場合には企業側に「なぜ前職からの間がこんなに空いているのか?」と不信感を与えてしまうことがある点。また、すでに前職を退職している場合には金銭的なリスクも抱えることになります。収入がない期間が続いた場合には、どうしても焦りが出てきます。すると条件が悪いところでも妥協して就職を決めてしまい、結局また転職活動を行うことになるといったリスクも考えられます。

バナー
バナー
バナー