【マル秘グロースレポート~GroRepo.~】 本当に成長できる会社はここだ!! » 【マル秘レポート1】実力主義の会社リスト » 東京建物

東京建物

東京建物のビジョン

信頼を未来へ

東京建物の社風

東京建物向きの人材

IT、商社を経験し27歳で転職エージェント会社を立ち上げたタツミ社長に、アドバイスをいただきます。

タツミ社長のアドバイス
タツミ社長のイメージ
入社後に努力すればどこまでも成長できる会社

社員一人ひとりの能力が高い、という印象の会社だ。能力とは言っても、その人の才能やセンス、資格などではなく、入社後に仕事や研修を通じて習得する能力のことを指している。言い換えれば、入社後に努力を怠らない人材はどこまでも成長できる会社、と言って良いだろう。
逆に言えば、「会社がなんとかしてくれる」という受け身の姿勢では、あっという間に後輩に追い抜かれてしまうはずだ。一見、弱肉強食的な会社にも見えるが、そうではなく、社員同士が切磋琢磨し合って皆で成長を目指している雰囲気もまた、東京建物の特徴だと感じる。

東京建物の特徴

1896年に創業した長い歴史のある総合不動産会社

東京建物は、建造物に関連する様々な事業を行っている会社。住宅建設の受注や施工に加え、商業施設事業やリゾート施設事業、ビル事業、不動産事業など、建設・不動産に関わる実に幅広い事業を展開している総合不動産会社です。

創業年は1896年(明治29年)。旧安田財閥の創始者でもあった、かの有名な安田善次郎が東京建物の創業者です。当時、善次郎が掲げた「お客様第一の精神」「進取の精神」は、今もなお東京建物の全活動の原点。

東京建物の仕事内容

ゼネラリストを目指す「総合職」とスペシャリストを目指す「住宅総合職」

大卒で入社する場合、大きく分けて「総合職」と「住宅総合職」の2つの選択肢があります。

「総合職」とは、東京建物が手がけている幅広い業務の中から複数の業務を経験し、最終的には同社が取り巻く全業務のゼネラリストを目指す職種。
「住宅総合職」とは、東京建物のメイン業務でもある住宅事業に特化した仕事に就き、最終的には住宅事業専門のスペシャリストを目指す職種です。

いずれの職種であっても、社員それぞれの特性や希望を考慮した人事が行われています。

働く社員の声

年齢や社歴を問わず社員同士の仲が良い風土

当社には年齢や社歴を問わず、相手を尊重し、他者の意見を聞く姿勢がある方が多いと感じます。先輩や同僚たちとは、食事会やゴルフなどオフの時間を一緒に過ごすこともあって仲はいいですし、それほど大きな会社ではないので、だいたい顔は知っています。みなさん相談や困りごとにも快く応じて知恵を貸してくれますし、風通しはいいと感じますね。

引用元:東京建物公式HP(https://recruit.tatemono.com/recruit/shinsotsu/job/job01.html)

自己実現のために生き生きと仕事をする社員たち

OB訪問等で触れた多くの先輩社員たちは、皆それぞれの異なる価値観・ビジョンを持ちながら、自己実現のために活き活きと仕事しており、次第に、風土が自分に合っていると考えるようになりました。ひとつの目標に向かってさまざまな価値観の人たちが集い、貪欲に成果を追求し働ける環境こそ、組織の自然なあり方だと考えていた自分にとって、若手にも大きな仕事が任されるチャンスが多いことも、入社への決め手となりました。

引用元:東京建物公式HP(https://recruit.tatemono.com/recruit/shinsotsu/job/job05.html)

入社1年目には先輩社員との距離の近さに支えられた

入社1年目の社員に、先輩社員が教育担当につくカウンセラー制度があり、迷うことがあれば何でも相談できる「距離の近さ」に支えられました。意識したのは、ただ何でも聞くのではではなく、自分の考えを持ったうえで先輩に助言を仰ぐように意識したこと。そのうち、要領がつかめるようになり、少しずつ自分で判断できるようになりました。

引用元:東京建物公式HP(https://recruit.tatemono.com/recruit/shinsotsu/job/job06.html)

成長に繋がる福利厚生制度一覧

女性のための福利厚生制度一覧

会社概要

東京建物の転職求人情報

総合職

バナー
バナー
バナー