【マル秘グロースレポート~GroRepo.~】 本当に成長できる会社はここだ!! » 【マル秘レポート1】実力主義の会社リスト » 住友林業

住友林業

住友林業のビジョン

公正、信用を重視し社会を利するという「住友の事業精神」に基づき、人と地球環境にやさしい「木」を活かし、人々の生活に関するあらゆるサービスを通じて、持続可能で豊かな社会の実現に貢献します。

住友林業の社風

住友林業向きの人材

IT、商社を経験し27歳で転職エージェント会社を立ち上げたタツミ社長に、アドバイスをいただきます。

タツミ社長のアドバイス
タツミ社長のイメージ
小手先の営業力よりも本物の人間力が求められる

住友林業の注文住宅の施工事例を見たことかあるだろうか?一目見れば誰でもすぐに分かるのだが、住友林業は富裕層をメインに高級住宅を提供している建設会社だ。坪単価も一般的な建設会社とは大きく異なる。入社を検討する場合には、まずそのような会社であることを念頭に置かれたい。
富裕層を相手にする仕事は、生半可な気持ちでは務まらない。なぜならば、お客さん自身が洗練されているからだ。その意味においては、小手先の営業力よりも本物の人間力こそ、住友林業が求める人事上のポイントとなるだろう。

住友林業の特徴

「木」を基軸とした様々な事業を展開

その社名からも分かる通り、住友林業は「木」を専門的に取り扱う会社。木を植える・育てる、という段階から始まり、木を調達・加工・供給したり、木で家を建てたり、廃木材などを活かして発電したりなど、「木」を基軸とした様々な事業を展開するのが住友林業の特徴です。

私たち一般の目に見える仕事としては、注文住宅の建設が挙げられます。天然木をふんだんに使った高級注文住宅の企画・建築については、業界でもトップを争う受注数とクオリティの高さと言って良いでしょう。

住友林業の仕事内容

営業職以外にも本人の特性を考慮した様々な職種を用意

家づくりに関わる全ての業務を行っている、と考えてください。具体的に自分がどのような仕事を担当するかは、入社してから適性に合わせて決まるようです。

総合職としての入社を希望する場合には、入社後、大きく業務企画職・建築技術職・住宅営業職のいずれかに配属されます。それぞれの配属先で、さらに細分化された部署に所属して専門性を高めていく、という流れとなります。

一般に「営業」というイメージが強い建設業界ですが、住友林業の場合には、営業職のほかにも研究職や企画職など、さまざまな職種が用意されています。

働く社員の声

若手にも積極的に責任と最良を与える企業風土

若手にも責任と裁量を与え、海外駐在に送り込む、そんな姿勢や風土が好きなところです。私は入社5年目の26歳のときに、オランダ・アムステルダムへ赴任しました。アムステルダムの事務所には4年半勤務しましたが、住友林業の顔としての責任感、そして決断力、判断力を身に付けることができ、着実に成長したと感じています

引用元:住友林業公式HP(https://sfc.jp/information/saiyou/employment/interviews/interview01/)

本人が望めば様々な経験をさせてくれる会社

住友林業の事業フィールドは幅広く、本人が望めば様々な経験ができることは、非常に魅力的だと思います。現在は不動産開発を担当していますが、就活時に魅力を感じていた、バイオマス事業に携わる可能性もあります。

引用元:住友林業公式HP(https://sfc.jp/information/saiyou/employment/interviews/interview03/)

前向きでポジティブな考え方の社員が多い

住友林業の社員は、みんな前向きであり、物事を減点方式でなく加点方式でとらえて前進するという考え方が強い人が多いと思います。また、物事の判断が合理的で、無駄な仕事をしない。周囲の人がポジティブであり合理的であることは、生産性の高い創造的な仕事を遂行する上で重要だと考えています。

引用元:住友林業公式HP(https://sfc.jp/information/saiyou/employment/interviews/interview05/)

成長に繋がる福利厚生制度一覧

女性のための福利厚生制度一覧

会社概要

住友林業の転職求人情報

住宅営業

バナー
バナー
バナー