【マル秘グロースレポート~GroRepo.~】 本当に成長できる会社はここだ!! » 【マル秘レポート1】実力主義の会社リスト » サイバーエージェントへの転職を徹底調査

サイバーエージェントへの転職を徹底調査

【転職前にチェック】サイバーエージェントのビジョン

21世紀を代表する会社を創る

【転職前にチェック】サイバーエージェントの社風

【転職前にチェック】サイバーエージェント向きの人材

IT、商社を経験し27歳で転職エージェント会社を立ち上げたタツミ社長に、アドバイスをいただきます。

タツミ社長のアドバイス
タツミ社長のイメージ
最後まで愚直にやり切る姿勢

野心があり、実行力があり、しっかりと成果を出せる。サイバーエージェントで活躍できるのはこの3つの要素をしっかり兼ね備えている人。なにかを最後までやりきって結果をだしたり、地道な作業でも愚直に向き合える人が好まれる傾向にある。

【転職前にチェック】サイバーエージェントの特徴

若手社員や女性にチャンスを広げる

若手社員が、事業創出や経営について積極的に関与できる環境がサイバーエージェントにはあります。

たとえば、「Cycom(サイコン)」という新規事業創出プロジェクトでは、若手社員や内定者から新規事業を募り、書類審査を通過した案は代表取締役にプレゼン。その模様は全社に動画配信され、審査のポイントなどを提案者以外も学べます。

また、女性マネジメントの活用にも積極的です。執行役員も含め管理職の約2割が女性なのも、サイバーエージェントの特徴でしょう。

【転職前にチェック】サイバーエージェントの仕事内容

クリエイティブの力を生かせる仕事が多彩

サイバーエージェントの仕事は、広告配信システムの開発、Webやアプリなどを用いた新規メディアの開発など、実に多彩です。テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」やインターネット広告の企画提案、スマートフォン向けゲームの提供など、クリエイティブな職種も募集しています。

エンジニアが企画提案した内容から開発につなげる案件も多く、現場の裁量権が大きいこともサイバーエージェントの特徴です。

働く社員の声

目指すべき姿を明確にし、目標や昇給を達成しやすい

2019年4月からエンジニアを対象に評価制度が改定され、期待する能力を5つに分けた上でそれぞれの軸について各グレードで求められる内容を記述したものになった。目指すべきものが明確になったことで目標が立てやすくなり、昇格するかどうかもある程度の納得感が生まれたように思う。

引用元:オープンワークス(https://www.vorkers.com/company.php?m_id=a0910000000Fr7M)

若手を育てようという文化が浸透している

比較的世間のイメージ通りで所謂陽キャと呼ばれる人が多い(特にビジネス職)。技術採用は相対的に落ち着いている人が多いが基本的にコミュニケーション能力は高め。(中略)全体的に見るといい人の方が多いし若手を会社全体で育てようという文化があるので新卒で入社するにはいい会社かなと思う。

引用元:オープンワークス(https://www.vorkers.com/company.php?m_id=a0910000000Fr7M)

女性が活躍しやすい制度が多い

女性が活躍しやすいように、さまざまな制度を導入していました。女性も実績さえだせていれば評価される会社だとおもいますが、実績にくわえてビジビリティーもとても大事な会社なので、縦横の関係やつながりを広く持って、アピールが上手くないとなかなか上にのぼりつめるのは難しいとおもいます。

参照元:オープンワークス(https://www.vorkers.com/company.php?m_id=a0910000000Fr7M)

成長に繋がる福利厚生制度一覧

女性のための福利厚生制度一覧

会社概要

サイバーエージェントの転職求人情報

プロモーションプランナー

バナー
バナー