【マル秘グロースレポート~GroRepo.~】 本当に成長できる会社はここだ!! » 【マル秘レポート1】実力主義の会社リスト » ベインアンドカンパニー

ベインアンドカンパニー

ベインアンドカンパニーのビジョン

「結果」への熱意

ベインアンドカンパニーの社風

ベインアンドカンパニー向きの人材

IT、商社を経験し27歳で転職エージェント会社を立ち上げたタツミ社長に、アドバイスをいただきます。

タツミ社長のアドバイス
タツミ社長のイメージ
求められる多くの必須の能力

ベインアンドカンパニーの中途採用では、前職の専門的な経験をかなり重視するようだ。幅広い業界かつクライアントを支援することが求められるから、分析力やマルチタスク、問題解決能力にビジネスレベルの英語力は必須。自信がない人は、いったんほかの会社を経験してからのほうが良いかもしれない。

ベインアンドカンパニーの特徴

ネットワークを生かしグローバル企業の経営をサポート

ベインアンドカンパニーは、世界37カ国に58の拠点を展開する経営戦略のコンサルティングファームです(2020年10月時点)。このネットワーク力を生かし、主にグローバル企業のクライアントが抱える経営課題に対応できるのが、この会社の特徴です。

具体的には、マーケティング、組織、IT、DX(デジタルトランスフォーメーション)、トランスフォーメーション、M&Aなどの要件に対し、革新的かつ大胆なソリューションで応えます。

ベインアンドカンパニーの仕事内容

「結果を出すこと」にこだわったコンサルティング

ベインアンドカンパニーの信条は「結果重視主義」。経営課題の抽出やレポートの提出、戦略策定の提案をしても、結果が出なければ意味がないという考えが、ベインアンドカンパニーにはあります。

そのためコンサルタントには、策定した戦略実行後の結果を出すために、従来の方法にとらわれないユニークな解決策を提案できる技量が求められます。もちろん、業界における知見、高度な分析力、豊富な経験も必要です。

働く社員の声

社員を成長させる指導方法を常に議論している

社員の成長に対するコミットメントは強く、フィードバックを与える・貰う文化がどの階層にも定着している。リーダーシップチームの間では部下を活躍させるためには、殻を破ってもらうためにはどのようなフィードバックを与えればよいかといった指導方法に関する議論が常になされており、うまく活躍できていない人がいた場合は、パフォーマンスを改善させる為の協力体制が築かれるため、UP or OUTの文化はあるが、OUTにさせない為の機会は誰にでも与えられる文化がある

引用元:オープンワーク(https://www.vorkers.com/company.php?m_id=a0910000000GAHx)

研修が充実している

グローバル研修が充実しており、英語環境でビジネスを遂行する力はとても身につくところだと思う。ただし、得意なところを伸ばすというよりも一通り問題解決については穴がないことが求められ、この点が他の戦略ファームと考え方が大きく違うところだと思う。なので、人材のばらつきが少なく総じて優秀だが、飛び切り優秀な人がいない優等生的な集団のイメージ。

引用元:オープンワーク(https://www.vorkers.com/company.php?m_id=a0910000000GAHx)

「戦略」の捉え方も大切

「戦略コンサルティング」と言ったときに、「企業の最上流の戦略を考える仕事」である(またはそれのみが仕事)と捉えていると、期待値と現実のギャップを感じる可能性あり。もちろん最上流の戦略を検討、構築するケースもあれば、それら戦略から導き出した戦術を如何に効率よく実施するか、というレベル感の仕事を行う事も多い。

参照元:オープンワーク(https://www.vorkers.com/company.php?m_id=a0910000000GAHx)

成長に繋がる福利厚生制度一覧

女性のための福利厚生制度一覧

公式HP上に記載がありませんでした。

会社概要

ベインアンドカンパニーの転職求人情報

経営コンサルタント (アソシエイトコンサルタント)

バナー
バナー
バナー